アーキカレッジとは

教育理念

建築科を出ていなくても
建築士の資格があったとしても

「プロになるための選択肢」

たとえば文科系の学生から、営業職から、現場技術者から建築家を目指すのは、無茶で無謀なことでしょうか?
答えは「NO」。アーキカレッジは、一般的な大学の建築科や建築専門学校でも学ぶことが難しい「超・実務体験型」教育によって、
プロの世界でリアルに求められる「経験」を得られる学校。
建築業界をリードする多彩な企業によるバックアップ体制が可能にした育成プログラムで、
あきらめたくない君に建築界への扉を開きます。

「想像力」「経験力」を備えた、真のプロを育成。

建築のプロには、多くの能力が求められます。
その中でも私たちアーキカレッジは、「想像力」を早い段階で身につけ、将来のプロとして表現できるようにすること。
「経験力」を生きた知識・技術として身につけること。これらが非常に重要だと考えます。

建築家としてアーティスティックに生きていくには、
何もないところから巨大な空間や立体物をイメージし、構築していく豊かな想像力が必要。
そして、学びで得たものを、実践で使えるスキルに変換する経験力は建築を職業とする上で欠かせないものだからです。

そのためにも“手を動かして描く・本物を見る・自ら感じ考える”といった想像力の基礎を、反復的な演習を通じて身につけさせる。
知識先行ではなく「想像を巡らし、発想する体質」そのものを養うことに力点を置いています。
また、“実際に建つ”建築物を設計する演習課題が象徴するように、きわめて実務に近いかたちで演習を行うことにより
経験力を高めることを非常に重視しています。

2年間という短期間でプロの資質を合理的・実践的に身につけ、修了後には、準経験者と呼べる即戦力へ。
設計の道を志す未経験者の君を、もしくは建築系の学校を出ても実務に足る力がないと感じている君を、
建築界で真に求められる人材に育成するために設計学院アーキカレッジは誕生しました。

アーキカレッジは何が違うのか?

超・実務体験プログラムで
未経験から即戦力として通用する人材へ

「学んだ知識と実務とでは大きなギャップがあった」建築系の学科や専門学校を出られた方からも、このような声がよく聞かれます。本校のミッションは、未経験から建築設計のプロ、しかも即戦力として活躍できる人材を育成すること。実務に即した体験型の授業、プロの現場や住関連メーカーの視察なども数多く行うことで、職業としてのリアルを経験。“通用する”スキルの獲得を目的とします。

求めている人材

感性・知識・技術を複合的に鍛える
独自のカリキュラム

建築設計の学校でありながら、専門家を招いた工芸や写真などのアート実習や、反復的なデッサン実習も積極的に採り入れています。これは、建築家に必要不可欠な“見る力”や“表現力”といった感性の領域も高めていくことが非常に重要だと考えるからです。製図や模型制作、構造計算や法規など、知識や技能の習得はもちろん、プロとしての資質そのものを複合的に鍛えるスタンスを大切にしています。

カリキュラム

住建築の意匠設計に特化した
独創的な育成方針

アーキカレッジは、戸建てやマンションなど住建築における意匠設計のプロを育成するプログラム。実際の木造住宅を見に行くことで線の意味や、木造の中身を学ぶことができます。意匠設計とは、建築物の形や間取りのデザインを手がける、いわゆる建築家の領域です。アーキカレッジ卒業後は、住宅中心の設計会社や工務店への就職を目指します。

授業の特徴

建築業界をリードする
数々の企業が本校をサポート

本校の運営母体は、100名超の設計スタッフが活躍する住宅メーカー。その人材育成ノウハウを生かし、建築設計を志す方々を応援することを目的として誕生しました。だからこそ実務に直結する授業を行えると同時に、協力会社である建材・住設の有名メーカーがサポート企業として続々と参画。プロを目指すのに理想的な教育環境を提供します。

運営について

運営について

「産」による「学」のバックアップ

建築業界をリードする多彩な企業がアーキカレッジをサポート

アーキカレッジの運営母体は、東証一部上場「(株)三栄建築設計」を中核企業とする「メルディアグループ」。そして協力会社であり、日本を代表する住宅設備メーカー・建築資材メーカーの数々が、本校のサポートに名乗りを上げています。建築設計の道を志す若い方々の育成に、産業界が大きな関心を寄せている。その象徴と言えるでしょう。

建築業界の活性化をめざした
貢献活動への取り組み

コンペティションを通じて建築を志す学生を応援

メルディアグループは、活躍が期待される若手建築実務者の方々や、建築を専攻する学生の方々を対象に、実際に「建てる」ことを前提とした設計コンペティションを実施しています。若き建築家の育成をバックアップするという社会貢献の一環であり、建築業界の発展に寄与することを目指した取り組みを積極的に行っています。

「北沢住宅計画」A部門(実施設計部門)
最優秀賞
『7.0×7.0×4.2m=205.8㎡の気積を持つ
都市の大きなワンルーム』
「北沢住宅計画」B部門(学生アイデア部門)
最優秀賞
『高床の住処』

北沢計画のサイトはこちら

学校概要

設計学院アーキカレッジ

建築業界に興味があるけど、そんな仕事かわからない方、
社会人で建築業界へ転職をお考えの方なども、お気軽にお問い合わせください。

所在地
〒163-0632 東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル32階
交通アクセス
JR線・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線「新宿」駅西口より徒歩5分
都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩2分

ページトップへ

所在地
〒163-0632 東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル32階
MAP
交通アクセス
JR線・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線「新宿」駅西口より徒歩5分
都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩2分

アーキカレッジ