教育体制

授業

実務に直結する授業を軸に、
プロの能力を
最短で取得。

働きながら学ぶ。ゼロから学ぶ。夜間の建築家養成プログラム。

たとえば営業職や事務職、現場技術者といったお仕事をされているあなたが、どうしても建築の道へ進みたいと考えたら…。そのような思いに応える事こそが、私たちアーキカレッジの存在意義です。働きながらでも通いやすい「夜間」のスクールであり、設計に関する教育や実務の経験が全くない方でもゼロから始められるカリキュラム。もちろん、建築系以外や文科系の学生の方でも無理なく学んでいただけます。「建築設計を将来の職業に」という野心だけを持って、新しい世界への一歩を踏み出してください。

他校では教えることが少ない実務に不可欠なスキルの獲得。

「斜線制限※」という言葉を知っていますか?これは、建築物の高さに関する規制の一種であり、設計の実務においてはその算出が必要不可欠なプロセスとなります。しかし、建築系の学校でも斜線制限の概念を教えるに留め、実際の算出方法の実習までは行わないケースが実は非常に多いのです。本校は、アタマだけの学習ではなく、プロの現場で求められる実践的なスキルを身につける場。学ぶというよりも、獲得するという姿勢がふさわしいと考えます。そして、他校にはできない、実際の工事現場をリアルに見て、触れて体験できます。
※道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限などの種類があり、斜線制限はそれらの総称です。

発想力・表現力の源である「手で描く」ことを身につける。

アーキカレッジでは1年次、講義の前に毎回15分間のスケッチ演習を設けています。これは、手を使って描くということが、建築家の感性を磨くトレーニングに非常に適しているからです。ものを見る力(観察力)と、それをかたちにする力(表現力)の鍛錬を一定期間、地道に繰り返すこと。実はそれが、プロの資質を身につける近道となるのです。また「手で考える」と言われるように、描く経験値を上げることこそが斬新な発想を生む力につながります。

カリキュラム

即戦力育成する
濃密な2年間のカリキュラム。

基礎[1年次]
スタートの1年間は、比較的易しくわかりやすい内容の基礎演習・基礎知識習得を積み重ね、反復しながら身につけていきます。講義前には毎回デッサンの演習を行い、モノを見て捉え、表現するという建築設計に必要不可欠なスキルと感性を集中的に養います。
応用[2年次]
1年次の蓄積を活かし、応用レベルに発展した演習・講義を行います。実際に建設される戸建て住宅の基本設計から実施設計、確認申請までを一貫して体験。他校にはないリアルな建築物の設計に関わるカリキュラムで、準・経験者と呼ぶにふさわしい実務対応力を獲得します。
即戦力へ
卒業後は、建築設計の現場に即戦力として求められる人材へ。設計アトリエや建築会社などへの就職を目指し、また就職後はすぐに活躍していただけるよう、進路指導やサポートも万全の体制を整えています。
演習科目

4つのカリキュラムの柱で
想像力と経験力を養う

1. 基本設計演習

基本設計とは、造形やプランニングといった建築物のアウトラインを構築する設計。クライアントにプレゼンテーションを行うための、初期段階の設計です。マンションのリフォーム演習からスタートし、2階建て住宅、併用住宅、3階建て住宅、二世帯住宅など徐々に難易度の高い課題に挑戦。2年次には、現実に建築されるであろう住宅の基本設計を行います。

  • CAD操作
  • プランニング
  • 製図
  • デザイン

2. 実施設計演習

実施設計とは、主体構造から仕上げ・仕様までを詳細に図面化すること。基本設計に基づき、工事の実施に必要な全ての内容を決定する設計プロセスです。実施設計図面(伏図・詳細図・矩計図など)を全て作成する演習を反復して実施。「実物」の実施設計も一式行います。手を動かし、繰り返し実施設計を経験することで、実務に即対応できるスキルを身につけます。

  • CAD操作
  • 建築構造
  • 施工
  • 確認申請実習

3.造形演習

講義冒頭の15分間、静物デッサンなどの造形演習を、1年次を通して行います。その目的は、物のかたちや空間のイメージを捉え、表現できるようにすること。建築家が自らの発想を伝えるために必要不可欠なスキルを、「手を使って描く」を習慣化することで養います。

  • デッサン
  • スケッチ
  • 工芸実習
  • 写真撮影実習

4.講義

毎回30分間の短期集中型講義。構造や素材、CADの使い方、法規などの建築全般に関する様々な講義はもちろん、ポートフォリオの作り方など就職活動に向けた内容も含めて幅広く学びます。特に重要な内容は反復して講義し、確かな知識獲得を目指します。

  • 建築知識
  • 建築構造
  • 施工
  • 材料
  • 設備
  • 法規
演習課題

実践さながらの「経験する」
授業で実践力を集中強化。

第1課題 マンションルームのリフォーム

課題内容
入学後最初の設計課題では、マンションの一室をリフォームして快適な住空間を計画します。この課題を通じて、これから手がけていくさまざまな住宅計画の初歩をびます。まず人の動作に必要な空間寸法を押さえるところから始めて、身の回りの物品や機器類の寸法、部屋の広さなどを押さえていきます。
図面とともに模型やスケッチなどの3D要素も併用して、立体的な検討をおこないます。
実務習得スキル
動作空間
所要室の広さ
物品の寸法
透視図法を用いたパース
手描きパーススケッチ

第2課題 2階建て住宅の簡単な設計

課題内容
最初の戸建て住宅の設計課題です。初めのうちはできるだけ平易な課題から取り組もうと、ここでは大まかな間取りをあらかじめ用意しております。
この段階から部屋に窓や出入り口を設け、家具や機器類を置いて、実際に生活の可能な住まいへと完成させていきます。庭や駐車スペースもしっかりと計画して、本格的な住まいを早くも設計します。
実務習得スキル
動作空間と所要室の広さ、物品の寸法
動線計画の基本
外構の計画
軒高、階高等の高さ関係の計画
敷地に関する法律(民法)
建築面積、延べ床面積の算定
用途地域の理解
建ぺい率、容積率の理解

第3課題 2階建て狭小住宅の設計

課題内容
一から完成までのプロセスを1人で経験する、事実上初めての自由な設計課題です。初歩の設計課題なので、難しくなりすぎないように、住み手は夫婦+小さな子供さんだけの3人家族とし、面積も80㎡程度に抑えた小さな住宅の設計です。また初歩とは言え、建築法規に即した設計ができるように、道路や高さ制限などの基本的な法律をチェックしながら設計を進めます。同時に、展開図や天井伏図といったインテリアのデザイン図面も作成します。
実務習得スキル
配置計画
断面計画
躯体計画
外観、屋根の造形
道路関係法令
斜線制限の理解
(道路斜線、北側斜線、高度斜線)
用途地域の理解
展開図、天井伏図、仕上げ表の作成

第4課題 2階建て住宅の設計

課題内容
1年生最後の設計課題は、4人家族が住まうための、少し広めな2階建て中規模住宅の設計です。住空間をさまざまな小さな場所の複合体として捉え、これらのつながりを大切に考えてプランニングを行います。そして法規で要求される採光や通風確保のための計算もします。ここではまた、2年生の実作の設計の準備として、骨組みや仕上げなどの詳細なレベルまで踏み込んだ設計を行います。
実務習得スキル
場所のつながりの計画
プライバシーの計画
採光、通風計画
屋根形状の計画
採光計算
換気計算
排煙計算
伏図(基礎、床、小屋)の作成
軸組図の作成
軸組み計算

第5課題 実作(本物)の設計

課題内容
2年生の前半に行う、ハイライト的な設計課題です。数名のグループに分かれて、実際に建設予定の住宅設計に参加します。基本設計だけでなく、詳細な実施設計と確認申請図書一式の作成まで行います。普段の講師陣に加えて建設現場のエキスパートが特別に講義や演習を行ってくれるなど、万全の体制で臨みます。
1年生の間に得てきた感性と知識、そして技術を実地で検証する最良の機会です。
実務習得スキル
実作の基本設計と実施設計
現場監理
確認申請図面と書類一式の作成
構造計算書のチェック
プレカット図のチェック
設備図の作成

第6課題 3階建て住宅の設計

課題内容
密集地に建つ3階建ての都市型住宅を設計する課題です。前作の実作の設計では、本物の住宅を一から完成まで手がけましたが、ここで学んだことを今度は3階建ての住宅に応用し、再度反復してマスターします。
3階建てに特有の設計手法と、建築法規、そして確認申請のステップをこの課題でていねいに習得します。2年間の設計課題で最後の戸建て住宅となるこの課題で、住宅設計の総仕上げを行います。
実務習得スキル
3階建て住宅の
マスタープランニング
3階建て住宅の構造的解決
3階建て住宅に必要な法規と確認申請

第7課題 二世帯住宅または低層集合住宅の設計

課題内容
2年生最後の設計課題では、今までよりも複合的で大規模な住空間の設計を行って、2年間のまとめといたします。親子三世代が同一敷地内に住まう二世帯住宅、または大規模敷地の低層集合住宅のいずれかを選択して進めます。これまで単世帯で考えてきた家族内のつながりを、ここでは複数の家族間のつながりへと応用してプロジェクトを進めていきます。複雑で多岐に渡る諸条件や問題などを丹念にクリアしながら、完成へと導きます。
実務習得スキル
家族間のつながりの計画
プライバシーとコミュニティの計画
住棟配置計画
複合的な動線計画
特別授業

「本物」を見ること、
「異分野」に触れることで感性を育む。

建築物見学ツアー
都内の有名建築物や美術館などを巡るツアーを実施。本物に触れることで、豊かな感性を養います。
建築現場見学
実際の住宅建築現場を視察。図面上だけではなく、より立体的に建築物を把握・体感することを学びます。
ショールーム実習
有名メーカーのショールームを見学。建築資材や住宅設備機器における商品知識やトレンドを吸収します。
工芸実習
美術講師を招き、陶芸など工芸の実習を行います。建築以外のアートに触れ、幅広い感性を養います。
プレゼンテーション実習
業務上不可欠なプレゼンテーションの実習。設計コンセプトや制作意図をわかりやすく伝えるスキルを養います。
建築家講演会
一線で活躍する建築家を招いてのトークを聴講。ご自身の経験や学ぶべきことなどについてお話を伺います。
写真撮影実習
実務でも必要となる撮影テクニックをプロのカメラマンに学びます。観察眼や構図に関する感覚も養います。
確認申請実習
行政機関に提出するための書類作成について学びます。設計の実務において特に重要となるスキルです。

ページトップへ

所在地
〒163-0632 東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル32階
MAP
交通アクセス
JR線・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線「新宿」駅西口より徒歩5分
都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩2分

アーキカレッジ